KPI管理による業績改善|大東市の税理士

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
トップ事務所のご案内当事務所が選ばれる理由料金のご案内アクセスお客様の声よくあるご質問
トップ事務所のご案内当事務所が選ばれる理由料金のご案内
アクセスお客様の声よくあるご質問お問い合わせ
大東市で経験豊富な親しみやすい税理士大東市で経験豊富な親しみやすい税理士

KPI管理による業績改善

こんな悩みはありませんか?

企業の利益は、売上高から経費を差し引いた差額です。
利益を増やすための方法は、

①売上を増やす
②経費を減らす

の2つしかありません。

では、売上増加、経費削減のために、何に取り組む必要があるのでしょうか?
その管理指標が、KPI(Key Performance Indicator)です。
KPIの意味は、「重要業績指標」で、企業の業績を改善するために、
最も鍵(キー)を握る指標のことを言います。

分かりやすく、飲食店の業績改善例をご紹介します。
今般の新型コロナウイルスの影響は想定外ですので、ここでは平常時を前提としています。
また、あまり耳慣れない内容だと思いますので、比較的詳しくご紹介します。

居酒屋

決算書の数字を見ると、経費は最低限まで削っているので、
売上を増加させることが最優先だと分かりました。
ここで、「よし、みんなで一致団結して、売上を上げよう!」で終わってしまうと、
おそらく結果は変わりません。意識が変わることは、もちろん大事ですが・・・

黒字にするために、一体、いくらの売上が必要なのか?
これは、損益分岐点売上高と言われ、一般的な財務指標です。
財務体質を改善するために、非常に重要です。
しかし、更に重要な点は、この損益分岐点売上高を達成するために、
何をするか、どの数字を管理するか、が最も重要で、これがKPIです。

売上が足らないのであれば、その構成比率を分析します。

売上は、
「客単価×客数×回転率×リピート率」
で決定しますので、どこに問題があるのかを考えます。

客単価を上げる必要があるのであれば、積極的に追加注文をとる。
客数を増やす必要があれば、店前や駅前で客引きをする。
これが重要です。KPIは、これらを管理する数字です。
客単価を上げるために「何個の追加注文をとる」「いくら以上の追加注文を1個はとる」、
客数を上げるために「ビラを何枚まく」「何人以上のグループに何件声をかける」など、
具体的な必達目標まで落とし込みます。
一概には言えませんが、数字には必ず、傾向や確率が存在しています。
であれば、逆算した上で、最低限の具体的な目標を立て、それをコツコツ達成していくしかありません。

KPI目標達成

ここに気付けていない税理士と企業が、業績をなかなか上げられずに苦しんでいます。

KPIの良いところは、複数の指標を複雑に管理するのではなく、
シンプルに一つだけの指標を決めて管理できる点です。

予めお伝えしておきますが、当事務所は、コンサルタント会社ではありませんので、
具体的な改善手法はご提案できません。
しかし、改善が必要な課題を、数字の面からご提案することは可能です。
また、事業形態に応じて、専門のコンサルタントを紹介することも可能です。
ぜひ、お問合せください!

会計税務サポート会計税務サポート 経理効率化経理効率化
決算・法人税申告決算・法人税申告
月次決算月次決算
税務調査・書面添付税務調査・書面添付
所得税申告所得税申告
相続・贈与税申告、名義変更相続・贈与税申告、名義変更
相続生前対策相続生前対策
経営サポート経営サポート 銀行融資・資金繰支援銀行融資・資金繰支援
補助金・助成金補助金・助成金
法人設立法人設立
個人事業開業個人事業開業
経営計画策定経営計画策定
KPI管理による業績改善KPI管理による業績改善
セカンドオピニオンセカンドオピニオン
介護事業支援介護事業支援
税理士事務所のスタッフ募集税理士事務所のスタッフ募集


中小企業庁中小企業庁